京丹後の幸
 

春の幸

さわら

丹後近海では、秋から冬にかけて「さごし」と、春には「さわら」が漁獲され「京丹後さわら」として人気の魚です。
味は淡白でいながら、甘みがあり、くせがない。

いさぎ(シラウオ)

白身でまったくクセがなく、旨みもあり後味が非常に良い。丹後では踊り食いやいさぎご飯などで食されます。

めばる

透明感のある白身で骨は軟らかく、熱を通しても硬くならない。煮付けがおすすめ。

わかめ

丹後では水視漁法で漁獲され、経ヶ崎を境に西側地域では「板ワカメ」東側地域では「絞りワカメ」に加工されます。柔らかく、香りの良さが魅力。

さより

刺身、寿司、天ぷら、干物などに調理される。青魚のような旨みがあり、皮目にも独特な風味がある。

夏の幸

岩牡蠣

プランクトンが豊富な久美浜湾で育った肉厚で濃厚。
火を入れても縮みにくく、実がしっかりと詰まった食べ応えのある牡蠣です。

メロン

砂丘を活かし、生産量は京都府一です。形や糖度など特に高いものには「琴引メロン」「久美浜メロン」「夕日ヶ浦メロン」というブランドメロンがあります。

とびうお

「かくとび」と小振りの「まるとび」に分けられ、両方を含め「アゴ」と呼ぶ。丹後では「アゴのダンゴ汁」が有名。

たちうお

初夏、丹後に回遊してくる。イワシなどを食べ、あぶらがのり薄造りや塩焼きがおすすめ。

丹後さざえ

トゲのあるさざえは荒磯育ち、トゲのないのが内海育ち。生後3、4年で成熟し、夏が産卵期。
身が柔らかいのが特徴。

丹後とり貝

丹後の内海で育つトリガイは大きさ、色合い、味がよく、「丹後とり貝」と呼ばれ夏の特産品として好評。
生後一年で穀の大きさが9cm、重さ150gにも成長する。

しろいか(剣先イカ)

イカの中では、最も甘みが濃厚で、生でも加熱しても幅広く召し上がって頂けます。

秋の幸

丹後米(丹後産コシヒカリ)

甘みも強く粘り気もあり人気のお米です。また、「七姫米」や「天の恵 ガラシャ」などの残留農薬0の米も生産されています。

京たんご梨

大玉で糖度が11.5度以上あり甘くてみずみずしい味わいが特徴。「京のブランド産品」に選ばれております。

おきいか(アオリイカ)

遊離アミノ酸が豊富に含まれ、イカの仲間でもっともおいしいとされている。刺身や一夜干がおすすめ。

ぐじ(アカアマダイ)

丹後ではボッコ釣りと呼ばれる漁法で獲られ「ぐじの一夜干」や「ぐじの西京漬け」などで知られており京料理には欠かせない存在。

おきぎす(ニギス)

白身でまったくクセがなく、刺身、焼き魚などにしてもおいしく、水分が多い魚の為干物もおすすめ。

かれい

丹後の秋の「ささがれい」は、脂がのっている。「笹がれいの一夜干し」は乾物の中でも絶品

はたはた

白身で熱を通しても硬くならず、身離れが良く、脂の乗った大物が魅力

冬の幸

グラ(ノロゲンゲ)

ズワイガニと共に底引き網でとれる魚ですが、近年は漁獲量が非常に少なく、現在では「幻の魚」といわれています。ゼラチン質のつるんとした食感が、癖になる魚です。

(真)牡蠣

プランクトンが豊富な久美浜湾で育った肉厚で濃厚。
火を入れても縮みにくく、実がしっかりと詰まった食べ応えのある牡蠣です。

あんこう

間人がにと並ぶ人気食材。あんこう鍋や肝あえなど知られており、ホホの身もおすすめ。

間人がに

間人漁港に水揚げされた松葉ガニの中から厳選された蟹を「間人がに」と呼び、
水揚げ量が少ないことから「幻のカニ」とも呼ばれています。

ひらめ

丹後の沿岸では「大ひらめ、座布団ひらめ」が有名。大きいものの方が味よく、白身で、熱を通しても固くならない。

ぶり

白身で血合いが赤く美しく、アラなどからいいだしがでる。年の瀬の「寒ぶり」が有名。

ばらすし

「丹後のばらずし」はハレの日に食べられ、焼鯖のそぼろが入っているのが特徴。
素朴で味わいのある、京丹後の郷土料理です。

ページの先頭に戻る